オーラ化粧品新入社員・雲竜桃一郎(うんりゅうとういちろう)は特殊な環境で育ったせいで女性が苦手。
その彼が何故か女だらけの営業三課に配属に。
この人事の裏には彼自身も知らない雲竜家の事情があった…。

20181127_230949


誰だお前!?

表紙に大きく写るこの女性、実はメインヒロインではない。
メインヒロインどころか、登場人物ですらない。
何度か読み返したが、この女性が出てくるシーンは一コマもなかった。

普通の感性ならば主人公なりメインヒロインを中央に大きく据えるのがね、当たり前というか。
そういう“普通”を軽々とぶち壊してくれるのがさすがは叶精作先生といったところか。

ちなみに左下に小さく地味~に写ってるのは主人公。こちらは間違いない。


ヒロインがことごとく可愛くない

この表紙を見ると、こういった感じの美女に囲まれてウッハ!ハーレム!なお話なんだな、と購入するのが人情。

しっかしまあ、見事に裏切られたね。悪い意味で。

女性がターゲットの化粧品会社の中でもさらに女性しか所属しない営業三課。
そこに割り付けられた雲竜桃一郎、男子が割り当てられることは超異例。
当然なんらかの意図があっての配属なのだが…。

と、こんな感じで
「化粧品会社」
「女性だらけの部署」
「表紙の美女」
三拍子揃ってるわけですよ。
こんなん絶対当たりですやん。

期待に胸を膨らませ読み始めると、物語を彩るヒロイン達が続々と登場。

20181128_001533-598x1095-430x787
メインヒロインの優衣。こっちが「え!?」だよ



20181128_001619-1389x791-430x244
母性本能をくすぐられるアフロ。名前はまだない



20181128_001712-813x1152-430x609
課長



20181128_001818-860x1172-430x586
ボクっ娘




完全に表紙詐欺ですわ。


騙された!とお怒りのあなたに朗報

20181129_234553-529x338


営業三課は揃っていい女ばかりとのこと。